素肌美人になるために

塗り薬

ビル

シミは紫外線によってメラニンが大量に
生成されたことで出来ます。


シミには複数の種類があり、治療方法も
それぞれ違います。


シミが気になるからといって、自己判断で市販のシミ取りの
塗り薬を使っても、シミに適した治療薬では無い場合は
思うような効果は期待できません。

クリーム


シミ取りの薬が効かないと悩んでいる方は、シミ取り皮膚科で
診察を受けて、自分のシミに適した治療を行うことをお勧めします。


シミ取り皮膚科では塗り薬と飲み薬での治療とレーザーや
光治療による治療方法があります。


30代から出来るシミの1つである肝斑は美白効果がある
ハイドロキノンや皮膚のターンオーバーを促す作用がある
トレチノインが含まれたクリームが処方されます。

浮き上がらせる


そしてメラニン生成を抑制する作用があるトランサミン成分が
含まれた飲み薬を並行して使うことで、体の中と外でシミの治療を行います。


そばかすや老人性色素斑等は塗り薬などよりレーザーや光治療器が
有効で数回の治療で消すことが可能です。


シミ治療は、シミの種類をまず見極めてから、治療を行うことが重要です。
治療を検討している方は、シミ取り皮膚科でカウンセリングを
十分に行ってから治療を受けることをお勧めします。