素肌美人になるために

美容外科

ビル

プチ整形などという言葉がありますが、
しみ治療のためにレーザー治療を受けたりすることが
以前に比べて随分身近になったように感じます。


それでもやはり、科学的な治療というのは、思い切りが必要かもしれません。

しかし、レーザー治療などは、しみに劇的な治療を施してくれますし、
ニキビ跡など化粧品だけでは解決できなかった悩みにも対応してくれます。

安心できるクリニックと医師を見つけたら、トライしてみるのも、いいかもしれません。

 

シミ治療にふさわしくない季節

思うように

シミ治療には、それを受けるのがふさわしくない季節があります。
治療はいつでも受けることはできるのですが、
その季節に受けてしまうと、あまり良い効果が期待できないことがあります。

それは、夏です。

シミ治療を行った後にできる傷痕が日焼けしてしまうと、
色素沈着というものを引き起こしてしまうことがあります。 ちょっとした豆知識。
これはシミ治療に限ったことではありません。

 

傷跡は紫外線を受けると跡になってしまいます。
先ほど述べた色素沈着が起きてしまうのです。
ですから、顔や体に切り傷や擦り傷を作ってしまった場合。

このときもその部分は紫外線に当たらないようにしましょう。 傷跡になってしまいます。

種類によって

 

よって、紫外線が強く日焼けがしやすい夏に治療を行うのは、
できれば避けたほうが良いでしょう。 シミにとって紫外線は天敵です。


夏は避けた方がいいですが、日常生活において紫外線に気をつけることも、
シミ治療においては大切です。